元のバージョ

日本医薬情報

市場動向
日本では中国輸入の漢方薬材の価額は値上がり
时间: 2011-10-31 |クリック回数:

  先日、日本漢方生薬製剤協会が初めて行った関係調査の結果によると、中国から日本に輸出する漢方薬材の価額は2006年から2010年までの四年間に、約60%値上がりしたことを明らかにした。

  今回の調査は日本漢方生薬製剤協会に加盟した74社の漢方薬製剤会社を対象に、需要の量が多い30種の漢方薬材を中心として実施したものである。その結果は漢方薬材の中で、7割を占めるカンゾウは4年の内にその価額が約22%、シャクヤクは約47%、シナモンは29%値上がりしたことを明らかにした。

  関係筋によると、2000年以後、中国は漢方薬材の過剰もぎとりによる産地砂漠化を防ぐために、生薬を輸出する時に最低価額制度の導入を含む輸出制限を強化してきた。関係データーにより、日本漢方薬製造業者は2008年に約248品種の原料を使用し、その内の約113種の原料の輸入元が中国のみに限られたそうである。そのため、中国の毎年に実施している輸出制限は、日本製造業者の漢方薬材仕入れに影響が出る可能性があるようである。

(出所:中国医薬報 2011年10月26日)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2017/10/18 17:01:29