元のバージョ

総合情報

総合情報
人的資源と社会保障部、医療保険関係医薬品目録収録予定医薬品交渉結果を発表
时间: 2017-07-25 |クリック回数:

  最近、人的資源と社会保障部(以下「人社部」と略称。)は「36種類医薬品を国家基本医療保険、労災保険と生育保険関係医薬品目録乙類に収録するための通知」(以下「通知」と略称。)を発表した。「通知」によると、交渉をへて、36種類の医薬品は「国家基本医療保険、労災保険と生育保険関係医薬品目録(2017年版)」(以下「医薬品目録」と略称)乙類範囲に収録されることになったと同時に、関係医療保険使用基準も決められたという。今年4月、人社部は44類種収録予定医薬品のリストを発表したが、関係企業と交渉した結果、そのうちの36種類は収録確定になり、交渉成功率は81.8%に達した。交渉に入った医薬品の価格は、2016年の平均小売価格と比べて、平均で44%下がり、最大で70%も下がった。また、交渉により、輸入医薬品の価格は周辺の国際市場価格より安くなり、中国患者の医療費用負担は大きく軽減された。

  今回で「医薬品目録」に収録されることになった36種類の医薬品は、31種類の西洋薬と5種類の漢方薬を含む。西洋薬のうち、15種類は肺癌、胃癌、乳癌、結腸?直腸癌、リンパ癌、骨髄腫などの治療で使用する抗癌剤で、トラスツズマブ、リツキシマブ、ボルテゾミブ、レナリドミドなど関心度が高く、医療保険加入者の間でニーズが大きい分子標的治療薬も含んでいる。残りは心血管疾患、腎臓疾患、眼疾患、糖尿病などの治療薬や向精神薬、抗感染薬などのほか、血友病治療用遺伝子組換え型活性化Ⅶa因子製剤と多発性硬化症治療用インターフェロンβ-1bという2種類の珍病治療薬も含んでいる。漢方薬のうち、3種類は抗癌剤で、2種類は心血管疾患治療薬である。また、「医薬品目録」収録のための相談?交渉は国が医薬関係イノベーションを重要視し、サポートする姿勢を示している。チダミド、コンバセプト、ラパチニブなど国家重大創薬プロジェクトに入選した医薬品は、いずれも交渉成功になった。

  今回の「医薬品目録」収録のための交渉は「『国家基本医療保険、労災保険と生育保険関係医薬品目録(2017年版)』の公表に関する通知」の関係要求事項に従って行われ、医療保険加入者の権益確保に注力し、平等な立場で協議する方針を堅持し、客観的な評価と専門家による評価を同時に実施し、「公平、公正、公開」という原則に準じ、基本的医療保険の集団購入機能を十分発揮させ、医療保険用医薬品の供給を保障すると同時にみなの負担を減らし、公的基金の支出を能率的にコントロールし、医療保険制度、企業、医療保険加入者の三者の「ウィン?ウィン?ウィン」という目標を実現させ、医療保険加入者の獲得感向上にも、医療行為の合理化と医薬産業のイノベーションの促進にも役立った。

  今後、人社部は地方関係機関が適宜に関係交渉を行うよう指導し、国民が確実に利益を得るよう努める。

  リンク:人的資源と社会保障部による「36種類医薬品を国家基本医療保険、労災保険と生育保険関係医薬品目録乙類範囲に収録するための通知」

  (出所:人社部サイト2017-07-19)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2017/10/18 17:02:10