元のバージョ

総合情報

総合情報
国務院常務会議で、輸入抗がん薬関税の免除、創薬輸入の推奨と決定
时间: 2018-04-16 |クリック回数:

  4月12日、李克強総理は国務院常務会議を主催した。会議では、「インターネット+医療健康」措置を実施し、医療サービス利用難を緩和し、国民の健康水準を高めるなどを確定された。、会議では、輸入抗がん薬の関税のを免除し、独創新薬輸入の推奨を奨励すると決定された。具体的な措置は以下のとおりである。一つ目は2018年5月1日以降、抗がん剤を含んだ全てのなどの普通一般抗がん薬、抗がん効果を持つアルカロイド類医薬品および輸入したことがある抗がん漢方製剤の関税をゼロとし、我国の全ての輸入抗がん薬の関税を全部ゼロにする。実質的に免除し、抗がん薬生産、輸入プロセスの増値税も大幅に軽減する。二つ目は総合的措置の研究に注力し、政府が集中調達を行い、輸入独創新薬、特に緊急ニーズのある抗がん薬を早速的に医療保険使用可能医薬品リストに入れるなど手段の形をとり、国際電子商取引を活用し、多様な措置で各流通プロセスの非合理的な値上げを解消し、必要な抗がん薬の価格は明らかに下がったと国民が確実に感じるよう努める確保する。三つ目は独創新薬の上市を加速化し、臨床試験申請の制度を承認制から期間満了黙認制へ転換し、輸入化学薬品の通関も企業による検査結果で通関申請可能な形に変更し、ロットごと強制検査を中止する。四つ目は知的財産権の保護を強化し、化学薬品に属する独創新薬には最長6年間のデータ保護期間を設け、保護期間中には同品目の上市を不承認許可とする。し、中国と海外で同時に上市を申請する独創新薬には最長5年間の特許保護期間の補償を設ける。五つ目は品質監督管理を強化し、輸入医薬品の海外生産現場検査に強化注力し、偽造医薬品の製造と販売を厳しく取り締まる。

  (出所:新華ネット 2018-04-12)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2018/04/16 10:10:10