元のバージョ

医薬品

監督管理動態
2018年中国薬学大会が成都で開催
时间: 2018-09-21 |クリック回数:

  9月18日、年に1回の中国薬学大会が、四川省の成都市で開催された。今回の大会は、中国薬学会、成都市人民政府、四川省食品医薬品監督管理局の共同主催で開かれ、習近平新時代中国特色社会主義思想と党の十九大精神の学習と実施、改革開放成果の維持、医薬品イノベーション推奨を主旨とした。国家医薬品監督管理局の焦紅局長、中国薬学会の孫咸沢理事長、成都市人民政府の羅強市長、四川省食品医薬品監督管理局の鞠波局長などが出席して談話を発表した。

  焦紅氏は談話で、中国薬学会は111年の発展史を持ち、党と政府が我国の薬学関係仕事に携わる方々につながる架け橋と要で、7年連続で中国科学協会全国学会分野優秀団体賞を受賞し、民政部5A社団組織にも選ばれ、国内外の薬学分野で幅広い影響力を持つ団体になったため、今後も交流の場とシンクタンクとしての機能を果たし、各種サポートを提供するよう期待していると述べた。

  開会式では、中国薬学会の関係者は第4回過度重複登録医薬品リストを公開した。当該リストは297の一般名称使用品目を含み、臨床薬理学と治療学での14クラス、60サブクラスをカバーし、関係品目はいずれも多発疾病の常用治療薬である。また、大会では、第13回中国薬学会科学技術賞15部門の受賞式、第3回中国薬学会以嶺生物医薬賞の授賞式も行われた。

  中国薬学会常務理事、監事、中国薬学会科技賞などの受賞者、および研究機関、大学、医療機関、医薬企業などからの専門家と学者ら、1500人以上も出席した。

  (出所:食品医薬品審査査察センターサイト2018-09-18)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2018/09/21 13:29:16