元のバージョ

医療機器

監督管理動態
医療機器イノベーションと発展シンポジウム、北京で開催
时间: 2018-09-06 |クリック回数:

  2018年8月31日、国家医薬品監督管理局と中国生物医学工程学会は北京で、第3回医療機器イノベーションと発展シンポジウムを共同主催した。今回のシンポジウムは「医療機器分野における人工知能の応用と発展」をテーマとし、医療機器イノベーションと発展の最先端に焦点を当て、医療機器イノベーション奨励政策と措置、医療機器分野における人工知能の応用と発展傾向をめぐって議論が行われた。

  国家医薬品監督管理局医療機器登録司の関係責任者は医療機器審査承認制度改革の進捗状況を紹介した。2018年8月末まで、国家医薬品監督管理局が複合修復パッチ、分枝型大動脈ステントグラフトなど、44品目の独創製品の上市を承認されたという。

  中国生物医学工程学会の専門家と学者、企業の代表、国家医薬品監督管理局関係部署、直属機関の責任者と関係者、200人以上もシンポジウムに出席した。

  (出所:国家医薬品監督管理局サイト2018-08-31)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2018/09/06 09:48:27