元のバージョ

最新情報

最新情報
ワクチン開発および品質制御国際シンポジウムが北京で円満開催
时间: 2018-10-08 |クリック回数:

  我国のワクチン開発と品質制御水準をより高めるために、中国食品医薬品検定研究院の協力で、ワクチン開発および品質制御国際シンポジウムが2018年9月12日に北京で開催された。中国医薬生物技術協会は今回のシンポジウムの主催者で、中国生物技術股フェン有限公司はサポートした。WHO、イギリス、ドイツ、カナダ、日本、韓国などの国と国際機関のワクチン監管と品質制御分野の専門家、中国国内の関係専門家と学者も出席し、ワクチン開発、品質制御、臨床試験、審査と承認、標準化研究など、ワクチンライフサイクルの各プロセスに関する研究の進展について報告を行った。また、中国医薬品審査センター、中国食品医薬品検定研究院および国内外ワクチン生産企業の関係者、200人以上も出席した。

  今回のシンポジウムで行われた報告は、新型ワクチンの開発、臨床試験の評価、登録と審査、品質制御、参考品研究および各国のワクチン監管と承認などの内容をカバーした。代表らは積極的に発言、質問し、ワクチン監管に関するマクロ的な問題からワクチン効果試験の具体的指標、試験用参考品までの幅広いテーマをめぐって専門家らと熱く議論した。シンポジウムの目標が無事達成し、みなの好評が博された。今回のシンポジウムの円満開催は、我国におけるワクチン開発と科学的監管の促進、ワクチン品質制御システムの整備、国民健康の維持に重要な意味を持つ。

  (出所:中検院サイト2018-09-28)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2018/10/08 09:23:03