元のバージョ

日本医薬情報

企業動向
アステラス製薬(中国)有限会社黒田昌利社長の中国時速
时间: 2012-03-19 |クリック回数:

2011年4月に、アステラス製薬(中国)有限会社の総経理に就任した黒田昌利氏は、先日、「医薬経済報」記者のアンケートに、四回も「誠実」という文字を言及した。黒田氏は、「アステラスにとっては、企業は有機的な実体として、自然人が具えている特質、即ち企業の人格的魅力を有する。社会のメンバーとして、絶えず企業の人格的魅力を豊かにするのが我々の基本責任である。そのため、周りの関係団体と誠実信用の築き上げることが極めて重要である。」、「規則を守る経営はすべての業務の基礎でなり、これは社会と公衆からの信頼を勝ち取ることに基本的な前提である。アステラスにはこういうような言葉がある。我々はすべての業務を法令と規則に従う前提で完成することができる。法令と規則を守りながら業務を展開し、競争に勝たないとしても、次にまたチャンスがある。逆に法令と規則を守らなければ、社会に責任を問われ、永遠にチャンスを失う。」誠実は彼が持っている最も目立ったリーダー品格である。

  1982年にアステラスの前身(藤沢薬品)に入社してから、薬学科卒業の黒田昌利氏はずば抜けたリーダー才能及び業績によって、顧問として本社にヨーロッパへ派遣された履歴がある。帰国した後、相次いで日本本部で本部市場担当、トレーニング担当などの役職を歴任した。過去の30年の中に、黒田昌利はアステラスのすべての大きな転換期を経験し、それと同時にアステラスの中国での成長と発展を経験し、導いている。

  中国での社長として、黒田昌利氏は、中国の医療改革とまだ満たされていない医療ニーズは市場に大きな潜在力であり、ポイントはこの市場が誰に占領されるかだけである。そして、変動が激しければ激しいほど、優良企業にチャンスを与えると述べた。

  アステラスは2005年4月に誕生し、非常に若い企業である一方、歴史が長い企業でもある。これは100年の歴史を超えた山之内製薬と100近くの歴史をもっている藤沢薬品との合併によって生まれてきた企業である。このような若くて歴史が長い企業にとって、生まれつきの実務重視及び謙遜な態度をもつと同時に、後天の勇猛さ及び冒険の精神が有することが決められた。

  イノベーションの製品で新興市場を開拓し、また製品、普及と開発の面においてより幅広い提携を求めるのはアステラスの戦略市場の開発の重要な策略の一つとなる。当該戦略に基づいて、アステラスは一連のビジネス運営を展開してきた。その内容は、授権許可のやり方で他社の製品を導入し、新製品を中国への導入に力を入れることを含む。

  過去の一年間に、アステラス中国は将来の市場発展に向けて組織と体制を大きな調整を行い、従来の五つの販売区域を改めて八つの販売区域に分けた。その目的は、中国市場をカバーする広さと深さをより一層強化するためである。そのほか、販売チームの拡大を加速させた。昨年、会社は200人を新規募集し、その内の9割以上が販売係りである。2011年の末まで、瀋陽工場を含め、アステラス中国のスタッフは約1,000人に達した。

  自社が研究開発した豊かな製品に頼り、例えばタクロリムス、アドバブラフ、ハルナール及びベシケア等、アステラスは中国の医学機構と専門家とは広くて密接な提携関係を結び、また器官移植の分野及び泌尿器の分野においてリーダーの地位を占め、非常に安定した市場基礎を持っている。中国業務を統合して5年以来、終始に優れた成長のモメンタムを維持している。2010財政年度に中国での売上がアジアでの売上における割合は約40%にまで上昇し、また2014年財政年度が終わる時点になるとこの割合は50%を上回ることを目指す。

(出所:医薬経済報 2012年03月14日)

Produced By CMS 网站群内容管理系统 publishdate:2017/10/18 17:01:40